Pepsi Uses SocialFlow Technology and Data

No comments News

Pepsi,a SocialFlow Cadence customer, today announced a new global campaign that integrates social media with pop culture, called Pepsi Pulse. Using SocialFlow’s Attention Score technology and data, it surfaces pop culture content that is currently trending among Facebook and Twitter’s trending terms and audience. 以前からSocialFlow(ソーシャルフロー)のケイデンスをご利用頂いているペプシコは、本日、同社の「ペプシ・パルス」のキャンペーンとして、ソーシャルフロー社のアテンションスコアの技術を用いたポップカルチャーに関するリアルタイムランキングシステムをホームページ上でリリースしました。APIによってアテンションスコアの技術を利用するケースとして詳細をご覧ください。
Situation
Pepsico uses SocialFlow Cadence to publish content to Twitter and Facebook. Their goals are to earn maximum exposure and engagement on its content, that result in referral traffic, shares, RTs, comments, Likes and new followers. Prior to using SocialFlow, Pepsi was manually gathering and scheduling content based on a content calendar and had to gather performance data from multiple data sources. Additionally, Pepsi approached SocialFlow to utilize it’s Attention Scoring technology to curate the position and appearances of content on Pepsi Pulse (www.pepsi.com).

Action

Pepsi deployed Cadence to publish its content to Twitter and Facebook for its Pepsi, Diet Pepsi, Pepsi Max and Mountain Dew brands. Both their internal and agency teams were trained and used Cadence for all of their content, choosing to Optimize all Tweets and Facebook posts. Using Cadence’s real-time analytics and reporting data, Pepsi was able to fine tune its content strategy on a daily, weekly and monthly basis.

For Pepsi Pulse, SocialFlow worked with Pepsi and its digital agency, Organic, to design a system that would score Pepsi’s curated content in real-time against a large audience on Twitter that was interested in all things pop-culture. The system included the ability to ingest a feed of content and deliver ranked results in real-time that are displayed on Pepsi.com.

Results

Pepsi saw an immediate increase across the board on major engagement KPIs, including referral traffic on links shared to marketing programs and content, and follower growth. The team was able to identify a correlation between Pepsi’s TV advertising and social conversation, which enables them to develop some cohesive messaging campaigns during major events.

Additionally, Pepsi Pulse has been deployed globally and will be releasing v2.0 in Q1 2013, deploying SocialFlow’s Attention Scoring technology in various markets.

Grew audience to their home page by 603% in less than a year.

導入前の状況
ペプシコは現在SocialFlowのケイデンスを使ってツイッターとフェイスブックへ投稿しています。ペプシコの目標はコンテンツの露出を最大化し、最大のエンゲージメントを得ること。結果としてリファラトラフィック、シェア、RT、コメント、いいね!、新規フォロワー・ファンの獲得を目指しています。
SocialFlow導入前、ペプシコではコンテンツ・カレンダーに基づいてコンテンツをスタッフが手動で集め、スケジュール投稿し、パフォーマンスデータを複数のソースから集めなければなりませんでした。
その他にもペプシコにはペプシパルス(www.pepsi.com)上でSocialFlowのアテンションスコアの技術を用いてコンテンツの位置と表示を管理したいという思惑もありました。

アクション
ケイデンスを導入し、ペプシコーラ、ダイエットペプシ、ペプシマックス、マウンテンデューのブランドについてツイッターとフェイスブックにコンテンツ投稿を始めました。社内及び代理店のチームがケイデンス利用の研修を受け、ツイッターとフェイスブックへの全投稿を「最適化」することにしました。また、ケイデンスのリアルタイム解析データを用いて毎日、毎週、そして毎月、コンテンツ戦略を微調整することにしました。

ペプシパルスのキャンペーンでは、SocialFlowはペプシコと、デジタル代理店のオーガニックと共に、ツイッター上でポップカルチャーに興味を示す膨大なオーディエンスの行動を基にペプシの選別されたコンテンツをリアルタイムでスコア付けするシステムをデザインしました。このシステムでは、コンテンツのフィードを取り込み、ランキングの結果を戻してpepsi.comに表示させることができます。
結果
導入後、すぐにエンゲージメント関連のKPIに改善が見られました。たとえばマーケティングプログラムやコンテンツへのリンクのリファラトラフィックや、フォロワーの増加が顕著でした。レポートから見えてきたのは、ペプシのTVコマーシャルとソーシャル上の会話の相関関係でした。これによって、ペプシコは、メジャーなイベント期間中に粘着性のあるメッセージキャンペーンを展開することができました。
ペプシパルスはグローバルに展開され、バージョン2を2013年の第1四半期にリリースすることが決まっています。ここでも、SocialFlowのアテンションスコアの技術が複数の市場で利用されます。

ホームページへのオーディエンス流入は1年も経たないうちに603%伸びました。