HRW Case: SocialFlow's Cadence Drives 500% Growth in Clicks

No comments News

An international non-governmental organization, Human Rights Watch started to use SocialFlow’s cadence to extract value out of existing content and to determine what yields interactions such as clicks and RTs. Over the last 6 months, they experienced 500% growth in clicks. 人権侵害に関する調査、報告で世界をリードする国際NGO、ヒューマン・ライツ・ウォッチは、コンテンツの価値を最大限に引き出し、ソーシャルメディア上でプレゼンスを高めるためにSocialFlowのケイデンスを利用しました。その結果、6カ月でクリック数は500%の伸びを記録しました。
For over 30 years, Human Rights Watch (@hrw) has fulfilled a vital role calling attention to abuses and oppression in countless regions around the globe. Roughly a year ago, when Human Rights Watch was ready to ramp up their social media presence, they turned to SocialFlow, hoping that optimized publishing would help their fledgling efforts on Twitter gain rapid momentum.

Objective
In their efforts to defend and protect human rights worldwide, Human Rights Watch produces over 100 reports and approximately 800 press releases annually. When it came time to develop a social media plan, “we wanted to wait for the space to mature a bit before we jumped in,” Enrique Piraces, Senior Online Strategist said of the organization’s attitude toward determining how tools like Facebook and Twitter would complement existing efforts. They felt that SocialFlow was the right tool to help them parcel out a rich store of content.

Solution
Human Rights Watch implemented SocialFlow to extract value out of their existing content and to garner more visibility for their efforts among the public and the press. Intelligence drawn from SocialFlow’s Insight and Analytics Dashboard has helped Mr. Piraces identify what sorts of phrasing works best to yield clicks and Retweets. “For instance, we know that quotes tend to perform better than anything else,” he said. Further, the minimal effort involved in branching off new accounts also allows for a vital “proving ground” for new initiatives and brand extensions, such as accounts in French and Spanish.

The Results
Using SocialFlow to dispatch news and eyewitness accounts from the ground during uprisings in Bahrain, Syria, Egypt and Libya, Human Rights Watch saw their number of clicks grow 500% over between September of 2010 and February
of 2011. Further, “It was very low effort,” Mr. Piraces said of setting up content feeds into SocialFlow. “We didn’t have to hire a social media manager.” Though he values the volume of followers and traffic that using SocialFlow has yielded, Mr. Piraces has a very specific target in mind when using Twitter. “[SocialFlow] helps us to get our message in front of people who can influence media.”

ヒューマン・ライツ・ウォッチ(@hrw)は、30年以上にわたり、世界中の数えきれないほど多くの地域で起こっている虐待や抑圧といった問題への関心を喚起する上で、極めて重要な役割を果たしてきました。ヒューマン・ライツ・ウォッチがSocialFlowに目を向けたのは、約1年前。同組織がソーシャルメディア上での存在感アップに乗り出した時期にあたり、着手してまだ間もないツイッター上での取り組みを急速に伸ばしていくために、情報発信の最適化が役立つことを期待したのです。

目的

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、人権を守り保護するという世界的人権活動の一環として、年間100を超える報告書と約800のプレスリリースを発行しています。同組織の上級オンライン戦略担当官エンリケ・ピラセス氏によると、同組織のソーシャルメディア計画の発進時について、フェイスブックやツイッターのようなツールが、既存の取り組みをいかに補完してくれるものであるかを見極めるにあたり、「飛びつく前に少し待って、じっくり考える猶予が欲しかったのです」と述べています。そこで、豊富なコンテンツを隅々まで到達させる上で、SocialFlowはぴったりのツールだと感じたのです。

ソリューション

ヒューマン・ライツ・ウォッチは、既存のコンテンツから価値を引き出し、組織の取り組みについて世論や報道機関での認知度を上げるために、SocialFlowの利用を始めました。SocialFlowのインサイト&アナリティクス・ダッシュボード(洞察とデータ解析画面)から引き出した情報は、どんな言い回しが最も多くのクリック数やリツイート数を獲得するかを特定する上で、ピラセス氏にとって非常に有効でした。「例えば引用をすると、ほかの何よりも良い結果がもたらされる傾向があることが分かりました」と同氏は語ります。さらに、枝分かれした新規アカウントを最小限の努力で作ることで、フランス語やスペイン語のアカウントなど新たな構想やブランド拡張のための『生きた実験の場』が提供されることにもなります。

結果

バーレーン、シリア、エジプト、リビアで人々が立ち上がる中、SocialFlowを使って特報ニュースや目撃情報を現地から発信したことで、ヒューマン・ライツ・ウォッチのクリック数は2010年9月から2011年2月の間で500%以上も増加しました。さらにピラセス氏は「苦労などほとんどありませんでした」と、SocialFlowへのコンテンツフィードのセットアップについて述べました。「ソーシャルメディア・マネージャーを雇う必要もありませんでした」とも言います。SocialFlowの活用によって獲得できた、多くのフォロワーとアクセス数を評価しながらも、ピラセス氏の頭の中にはツイッター活用時の非常に具体的な目標があります。「[SocialFlow]は、私たちのメッセージをメディアに影響力を持つ人々の目の前に届ける上で、大きな力となっています。」という同氏の言葉にそれが表れています。